News Feature

古生物学に革命を起こした男

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2012.121226

原文:Nature (2012-09-06) | doi: 10.1038/489022a | The ground breaker

Kerri Smith

中国の43歳の若き古生物学者Xing Xuが、恐竜の進化理論に革命を起こし、中国を古生物学の中心地にすべく奔走している。

中国諸城市で出土したハドロサウルスの化石の間に立つXing Xu(徐星)。

LOU LINWEI

古生物学者Xing Xu(徐星)は、中国山東省にある博物館で、ガラスのキャビネットに閉じ込められた古代の鳥類サペオルニスSapeornisの美しく保存された化石標本を覗き込んでいた。死んでから1億1000万年以上経った今でも、この鳥のひょろ長い脚は、大股で歩き出しそうに前に向かって伸びている。サペオルニスの体の大きさはニワトリほどで、首はか細く、頭蓋骨は繊細で、優美な長い尾羽の痕跡がはっきりと残っている。この尾羽は、サペオルニスが出現するまでの生物には全く見られなかった特徴だ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度