News

化学賞は、Gタンパク質共役受容体の研究に

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2012.121203

原文:Nature (2012-10-18) | doi: 10.1038/490320a | Nobel work boosts drug development

Richard Van Noorden

ノーベル化学賞は細胞表面の受容体タンパク質の研究に贈られる。

Robert Lefkowitz(左)とBrian Kobilkaは2012年のノーベル化学賞を共同で受賞した。

S. D. DAVIS/GETTY; (RIGHT) K. WHITE/GETTY

10月10日、2012年のノーベル化学賞は、Gタンパク質共役受容体(GPCR)の構造と機能を明らかにしたRobert LefkowitzとBrian Kobilkaの2人に授与すると発表された。彼らの研究によって、医薬品の開発には大きな恩恵がもたらされた。GPCRは、細胞の情報伝達の中心となるタンパク質であり、現在までに多くの薬剤開発が促進されたばかりでなく、将来的には、より選択性の高い薬剤の開発にもつながると期待されている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度