News & Views

進化の空白を埋める昆虫化石

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2012.121124

原文:Nature (2012-08-02) | doi: 10.1038/488034a | An insect to fill the gap

William A. Shear

デボン紀の完全な昆虫化石と思われる化石が発見された。これにより、有翅昆虫がいつ進化したのかについて、断片的だったさまざまな知識や情報が有機的につながるかもしれない。

図1:デボン紀の昆虫 Strudiella devonicaの化石。

NEL ET AL.

種数の面からいえば、昆虫は史上最も繁栄した動物群だ。しかし、その進化的起源は議論の種となっており、昆虫の始まりを裏付ける明白な証拠が化石によって最終的に示されないかぎり、その議論が終わることはない。Nature 8月2日号82ページでは、まさにその化石を発見したとする研究成果が、Garrousteたちによって発表された1。保存状態が良好とは言いがたいが、その化石には、脚が6本生えた胸部、長くて枝分かれしていない触角、三角形の顎、そして10個の節からなる腹部が認められる(図1)。解剖学的にこの組み合わせを有することが知られている節足動物(脚に関節を持つ無脊椎動物)は昆虫しかないことから、研究チームは、その化石が昆虫のものであることを強く主張している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度