News

父親の年齢が高いほど、多くの変異が子に伝わる

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2012.121113

原文:Nature (2012-08-23) | doi: 10.1038/488439a | Fathers bequeath more mutations as they age

Ewen Callaway

最新のゲノム研究により、子どもの自閉症などが、父親の年齢と関連するらしいことが明らかになった。

1930年代、遺伝学研究のパイオニアであるJ. B. S. Haldaneは、血友病の家族歴を持つ家系に、ある特有の遺伝パターンがあることに気が付いた。血液凝固障害の原因となるこの変異は、母親からよりも、父親から娘に伝えられるX染色体の中に多く現れる傾向がみられたのだ。そこで彼は、子どもには母親よりも父親から多くの変異が伝えられる、という仮説を提唱した1。しかしHaldaneは、「この仮説が証明されるか、あるいは反証されるかは、何年も経たないとわからないだろう」とも認めていた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度