News Scan

ちょうどよい形のギター

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2012.121112a

厚さ68mmが最高の響きを持つことがわかった

神奈川工科大学の電気工学者、板子一隆(電気電子情報工学科教授)は6歳からギターを弾いている。また板子哲は電気工学の修士号を持つギター製作者だ。2人は兄弟で、最適なギターの形を研究している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度