News

長寿が複数世代にわたって遺伝

Nature ダイジェスト Vol. 9 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2012.120103

原文:Nature (2011-10-19) | doi: 10.1038/news.2011.602 | Long life passed down through generations

Heidi Ledford

線虫では、従来とは異なる遺伝形態によって寿命が延びる。

線虫(Caenorhabditis elegans)は、寿命が2~3週間と短く、多くの研究者から老化の研究対象として愛されている。スタンフォード大学(米国カリフォルニア州)の遺伝学者、Anne Brunetもそうした研究者の1人だ。彼女の研究室の線虫には、究極の形質、つまり、家族性の長寿傾向が遺伝している。しかし不思議なことに、この縁起のよい長寿という遺産が遺伝子として受け継がれていないのに、長寿が続いているのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度