Research Highlights

複雑な鳴き声を出すガマアンコウ

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2011.110812

原文:Nature (1970-01-01) | doi: 10.1038/473256a | Warblers of the underwater world

鳥類・哺乳類・両生類の多くは、発する声の周波数や強さに変化をつけて、伝える情報量(語彙)を増やしている。しかし、コーネル大学(米国ニューヨーク州イサカ)のAndrew Bassたちの報告によると、魚類の発声においても、周波数ジャンプや重音発声(高さの異なる2つの音を同時に発する)といった「非線形的な音響」が見られるという。

鳥類・哺乳類・両生類の多くは、発する声の周波数や強さに変化をつけて、伝える情報量(語彙)を増やしている。しかし、コーネル大学(米国ニューヨーク州イサカ)のAndrew Bassたちの報告によると、魚類の発声においても、周波数ジャンプや重音発声(高さの異なる2つの音を同時に発する)といった「非線形的な音響」が見られるという。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度