News

人間活動を指標に、新たな地質年代

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2011.110814

原文:Nature (2011-05-12) | doi: 10.1038/473133a | Human influence comes of age

Nicola Jones

人類の影響が認められる年代区分「人新世」を設定すべきかどうか、地質学者が議論を重ねている。

拡大する

ISTOCKPHOTO

人間の活動が地球に大きな影響を与えていることは否定しがたい。しかしそれは、地質学的な時代区分を変えるほど大きいのだろうか。地質年代区分は、代・紀・世・期で定められており、現在は新生代第四紀完新世である。今、人間活動が地質学的な記録を大きく変えているため、完新世を「人新世」に切り替えようという提案が出されている。2011年5月11日、ロンドンに集まった地球科学者たちは、この提案の妥当性や定義について議論を重ねた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度