News & Views

ロイヤルゼリーの神秘の成分

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2011.110820

原文:Nature (2011-05-26) | doi: 10.1038/473454a | Royal aspirations

Gene E. Robinson

ミツバチの幼虫を「女王」に変身させるのは、ロイヤルゼリーのどの成分なのか。長年にわたるこの謎に、ようやく決定的な答えが見つかった。この発見は、生物の社会的な特性と昆虫ゲノムの双方の進化の研究において重要な手がかりとなることだろう。

ミツバチ(Apis mellifera)の女王は、同じ巣のほかの雌、すなわち働きバチに比べて100倍の生殖能力と20倍の寿命を持つ。この差を生み出しているのが「ロイヤルゼリー」であることは、100年以上前から知られていた。その主成分は水、タンパク質、糖類、脂質、およびミネラルであり、ミツバチのコロニーに新しい女王バチが必要になると、幼虫に対して大量に与えられる働きバチの分泌物だ。この効能に目をつけた人がロイヤルゼリーを健康補助食品として売り出したところ、世界中で年間6億ドル(約480億円)以上を売り上げる商品となり、特にアジアでは需要が高い1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度