News Feature

脳を電撃!

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2011.110724

原文:Nature (2011-04-14) | doi: 10.1038/472156a | Brain Buzz

Douglas Fox

数十年前に開発された脳を電気刺激する手法で、学習能力を向上させられることが明らかになった。果たして、数本の配線コードと9Vの電池でできるこの手法に、どんな可能性があるのだろうか?

2010年、米国ニューメキシコ州アルバカーキの研究室で、ある実験が行われた。被験者たちに、イラク配属の米軍兵士を訓練するために設計された『DARWARS Ambush!』というテレビゲームをプレイしてもらう実験である。『DARWARS Ambush!』は、廃屋や乗り捨てられた車が散在する仮想の景色の中から、屋上の狙撃手の人影やゴミ箱の裏の爆発物といった危険を察知するゲームだ。被験者は右こめかみに、弱い電気刺激を与えるための湿ったスポンジを貼られる。しかし、そんなことを気にしている余裕はない。爆発音や銃声がするまでのわずか数秒間に反応しなくてはならないのだ。こめかみに流れる電流は最大でも数mA、装置は9Vの電池を電源にした単純なものである。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度