News & Views

細胞が外部に及ぼす力を三次元で可視化

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2011.110530

原文:Nature (2011-02-17) | doi: 10.1038/470340a | Push It, Pull It

Pascal Hersen & Benoit Ladoux

移動する細胞は、環境に対して機械的な力を及ぼし、またそこからの力も受けている。今回、2つの技術を組み合わせることによって、こうした細胞と環境との相互作用のようすを詳しく調べることが可能になった。観測・測定の結果、細胞の「押し引き機構」によって、水平面内だけでなく鉛直方向にも力が及んでいることが初めて明らかになった。

メカノバイオロジー(機械生物学)は、生きている細胞が環境の機械的・物理的な刺激を感知し、それに反応する仕組みを解明しようとする新しい研究分野である。水滴のような受動的なものとは対照的に、生きている細胞は、移動しながら環境に力を及ぼして、能動的に環境を探索している1。そうした力は、細胞の変形といった物理的・機械的な事象を引き起こすだけでなく、細胞–環境間の接着シグナル伝達や細胞骨格の再編成のような細胞内の過程をも誘発する。このような文脈の中で、機械的な力が、細胞の移動、がんの進行、幹細胞の分化など、多くの生物機能において主要な役割を果たしていることが示されている1-3

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度