News

科学界の男女格差を調査

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2011.110523

原文:Nature (2011-02-10) | doi: 10.1038/470153a | Science gender gap probed

Gwyneth Dickkey Zakaib

科学界では、あからさまな男女差別はめったに見られなくなったが、女性に対する社会的障壁はまだ残っている。

米国フェルミ研究所でニュートリノ実験に携わる女性研究者。これはかなり珍しい光景だ。 | 拡大する

Getty Images

男女差別は、「ガラスの天井」や「男だけの同窓会」という言葉にたとえられ、その解消が進められてきた。しかし、現在の科学界で女性が直面する困難を最もよく表している言葉は、「目に見えないクモの巣」である。このクモの巣は、社会、女性の生物学的特性、研究組織など多数の「糸」からなっており、女性研究者はこれらの糸に縛られて、男性と同じ量や速さで業績を上げるのが非常に難しくなっているのである。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度