News Feature

Twitterによる審判

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2011.110423

原文:Nature (2011-01-20) | doi: 10.1038/469286a | Trial by Twitter

Apoorva Mandavilli

発表された論文が、わずか数日で、ほかの研究者のブログやツイッター上で激しく批判されるケースが増えている。研究者らは、こうした批判にどのように対応するべきか、戸惑いを感じている。

拡大する

「科学者が長寿のカギを発見」 ― こんな見出しが、The Wall Street Journal 2010年7月1日号に躍った。翌日には、ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)が、「私たちの中で100歳まで生きられるのは誰でしょう? 遺伝子検査により、それが明らかになるかもしれません」と報じた。そのほかにも、数百本の記事や番組が、似たような言葉で熱く紹介していた。これらは、Scienceに掲載された1本の論文1についての報道である。論文では、ある人が長生きするかどうかを77%の精度で予測できる遺伝子セットを特定したと主張されていた。それが紛れもない事実なら、医学、保健政策、経済に大きな影響を及ぼす可能性がある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度