News & Views

絶縁体が、割るだけで導電性に!

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2011.110430

原文:Nature (2011-01-13) | doi: 10.1038/469167a | The conducting face of an insulator

Elbio Dagotto

2種類の酸化物絶縁体を積み重ねると、両者の界面に導電性の系が生じることが知られている。しかし、意外なことに、酸化物絶縁体をただ割っただけでも、その劈開面で同じ導電現象が現れることがわかった。

Santander-Syroらは、チタン–ストロンチウム酸化物(SrTiO3、略してSTO)という絶縁体の表面に、導電性の二次元電子系を発見した(Nature 1月13日号189ページ1。これはまさに予想外だった。なぜなら、これまでにSTOはよく研究されており、十分理解されていると考えられていたからである。今回の発見は、急成長を遂げている酸化物超格子や酸化物エレクトロニクスの分野など、日常的にSTOを使用する研究分野に大きな影響を及ぼすはずだ2,3

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度