News

最古の銀河は独りぼっち?

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2011.110403

原文:Nature (2011-01-26) | doi: 10.1038/news.2011.47 | Oldest galaxy is lone ranger

Adam Mann

これまでで最も遠い銀河が発見された。この銀河は単独で存在しており、初期宇宙の天体は予想よりも少ない可能性が出てきた。

最古の銀河の最新の候補は、ハッブル・ウルトラ・ディープ・フィールドという赤外線画像の中から見つかった。地球から132億光年のところにある。 | 拡大する

NASA, ESA, G. Illingworth (University of California, Santa Cruz), R. Bouwens (University of California, Santa Cruz and Leiden University), and the HUDF09 Team

ハッブル宇宙望遠鏡を使って、これまでに見つかった中で最も遠い(古い)天体とみられる銀河が発見された。地球から132億光年の所にあるこの銀河は単独で存在しており、初期宇宙の天体はこれまで考えられていたよりもずっと少なかったことを示唆している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度