News Feature

心を光で診断する

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2011.110416

原文:Nature (2011-01-13) | doi: 10.1038/469148a | Thought experiment

David Cyranoski

日本の医療機関では、精神疾患の診断の補助に、近赤外線イメージング技術を利用するようになってきている。批判派は、この技術を臨床に使う準備が整っているかどうかが疑問だという。

拡大する

Y. AOYAMA

東京の繁華街にあるビルの、精神科医たちで埋まった一室で、私は、自身の心の健康状態を評価してもらうことになった。心の中を探るような質問はいっさいされず、代わりに、水泳帽に似た奇妙な装置を頭にかぶった。それには多数の赤と青の「ノブ」が互い違いに配置され、それぞれにケーブルがつながっている。スイッチを入れると、17個の赤いノブから発した近赤外線が、私の頭の表面から2~3cmの深さの脳まで達し、そこで血液のヘモグロビンに吸収もしくは散乱される。16個の青いノブは光検出器で、散乱して表面に返ってきた近赤外線を拾い上げる。このシステムを操作する研究者たちは、得られるシグナルの中に、うつ病や双極性障害(躁うつ病)、統合失調症と正常な精神状態を区別するための手がかりが隠れている、と話す。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度