News & Views

失われた記憶を取り戻せるか

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2011.110428

原文:Nature (2011-01-06) | doi: 10.1038/469044a | Recollection of lost memories

Robert C . Malenka & Roberto Malinow

「年を取るにつれて人は賢くなる」と言われているが、年を取ると記憶を保持する能力が低下していくというのが現実だ。しかし、この問題を解決する方法のカギが見つかったかも知れない。アルツハイマー病モデルマウスのニューロンで、シグナル伝達分子EphB2の発現レベルを上昇させたところ、記憶障害が回復したのだ。

今回の研究がさらに進んで、記憶のピースをつなぎ合わせることのできる「夢の新薬」が開発されれば、失われた記憶を取り戻せるかもしれない。 | 拡大する

ISTOCKPHOTO

「鍵をどこに置いたかな?」「昨日、夕食を食べたかしら?」 認知力の中でも記憶を保持する能力は、年を取るにつれて否応なく低下する。そのうえ、介護が必要になるほど認知力が低下する人が増えてきている。高齢者のこうした認知症の主な原因は、アルツハイマー病であり、85歳以上の人の約半数が、この病気の何らかの症状を示す。しかし、アルツハイマー病の生物学的な理解が大きく進歩しているにもかかわらず、有効な治療法はまだ見つかっていない。そうしたなか、Cisséたちの研究チームは今回1、アルツハイマー病のマウスモデルで特定の膜タンパク質(受容体型チロシンキナーゼEphB2)を発現させると、アルツハイマー病の特徴である記憶障害が回復できることを発見し、Nature 2011年1月6日号47ページに報告した。そして、このタンパク質を標的とした治療戦略の有望性について、説得力のある証拠を示している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度