News

南極のニュートリノ観測所が完成

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2011.110419

原文:Nature (2011-01-06) | doi: 10.1038/469013a | IceCube Completed

Adam Mann

南極の氷の下に完成した巨大なニュートリノ観測所から、新しい物理学につながる知見がもたらされるかもしれない。

ニュートリノ「望遠鏡」を構成する5160個の検出器の1つが、氷の穴の所定の深さまで下ろされていく。 | 拡大する

B. Gudbjartsson/NSF

研究者たちが深さ2.5kmの穴の中にアイスキューブ(IceCube)ニュートリノ観測所の最後の検出器を下ろしたのは、2010年12月18日のことだった。ちょうど、南極の太陽高度が1年で最も高くなる時期で、気温はマイナス23度もあった。プロジェクトチームのメンバーであるウィスコンシン大学マディソン校の物理学者Albrecht Karleは、「今日はとても暖かい」と報告した。わずか1週間前の平均気温は約10度も低かったという。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度