News

セックスと暴力は脳内でリンク

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2011.110402

原文:Nature (2011-02-09) | doi: 10.1038/news.2011.82 | Sex and violence linked in the brain

Ewen Callaway

マウスの視床下部の奥深くに存在するニューロン群は、出会った相手と戦うか、それとも交尾するかの判断にかかわっている。

マウスではセックスと暴力に関するニューロンが脳内で絡み合っていることが、カリフォルニア工科大学(米国パサデナ)のDavid Andersonらにより明らかにされた。雄マウスでは、出会った仲間と戦うか、それとも交尾するかを、脳の深部にある小さな細胞集団が判断していることがわかったのだ。こうした回路は、ヒトの脳にもあると考えていいだろう。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度