Japanese Author

がん細胞を自滅させるスイッチ (井上 丹)

井上 丹

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2011.110426

生体での多様な働きが研究者の注目を浴び続けているRNA(リボ核酸)。長年、RNAの機能と構造の解析に取り組んできた井上丹教授は、豊富な知識をいかして、新しいRNA分子や反応系を作り出すことにした。そして、誕生したのが「RNAスイッチ」1,2*。病気の予防や治療に広範に利用できると期待されている。

––Natureダイジェスト:どんなスイッチを作ったのですか?

井上:がん細胞が生じたら、自動的にその細胞が死ぬようにしむけるスイッチです。つまり、正常な細胞ががん化したときに、その細胞内で自らを滅ぼす仕組みが作動し始めるというスイッチなのです。今はまだ、基礎技術の段階で、生体内で実際に機能させるには、もう少し研究が必要です。

––具体的には、どのようにできているのですか?

実はどんな細胞にも、自身の死をもたらす仕組みが備わっています。ただし、普段はその仕組みが作動していません。私たちがスイッチと呼んでいるのは、この仕組みを実際に作動開始させることのできる反応系のことで、それには、今回私たちが見つけた分子を細胞に仕掛けておけばいいのです。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度