News

3日遅かった、ノーベル医学生理学賞

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2011.111202

原文:Nature (2011-10-06) | doi: 10.1038/478013a | Nobel announcement marred by winner's death

Ewen Callaway

今年のノーベル医学生理学賞は、免疫機構の解明に大きな業績を残した3人に授与された。だが、その1人、Steinmanは発表3日前に死去していた。

Bruce Beutler(左)、Ralph Steinman(右)。 | 拡大する

SCRIPPS RES. INST.(LEFT) ; ROCKEFELLER UNIV.(RIGHT)

10月3日、2011年ノーベル医学生理学賞が発表された。受賞者は、フランス国立科学研究センター細胞分子生物学研究所のJules Hoffmann、スクリプス研究所(米国)のBruce Beutler、そして、ロックフェラー大学(米国)のRalph Steinmanの3人だ。だが、まもなく残念なニュースが飛び込んできた。Steinmanは発表3日前の9月30日に死去していたのだ。通常、故人への授賞はないが、ノーベル賞選考委員会は授賞者決定の時点でSteinmanの死を知らず、結局、Steinmanへの授賞は取り消さないと決定した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度