News

月内部を精密探査する双子衛星

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2011.111216

原文:Nature (2011-09-01) | doi: 10.1038/477016a | Twins to probe Moon's heart

Eric Hand

月の重力を精密に測定して、地下にある高密度の岩の分布を調べるNASAの探査機が打ち上げられた。

GRAILの2つの探査機は協力して、月のこちら側と向こう側の両方の重力分布を調べる。 | 拡大する

NASA/JPL

月の表面を見るのは簡単だが、その内部はまだ多くの謎に包まれている。これまでにヨーロッパ、日本、インド、中国、米国の探査機が、月の表面をくまなく撮影したり、鉱物資源の分布を調べたり、水が存在する証拠を探したり、将来、着陸するのに適した場所を探したりしてきた。今回、米国航空宇宙局(NASA)の月探査機GRAIL(Gravity Recovery and Interior Laboratory)が9月10日に打ち上げられた。この計画の研究責任者(PI)であるマサチューセッツ工科大学(米国ケンブリッジ)の地球物理学者Maria Zuberは、「まだ明かされていない月の歴史を解明したい」と考えている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度