News & Views

大量絶滅を引き起こした巨大火山活動

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2011.111230

原文:Nature (2011-09-15) | doi: 10.1038/477285a | Lethal volcanism

Paul B. Wignall

非常に広い範囲にわたって火成岩が分布するシベリア・トラップの調査から、そのマグマ源に、リサイクルされた海洋地殻がかなりの割合で含まれていたことを示すデータが得られた。

巨大火成岩岩石区(LIP:Large Igneous Province)は、地球の火山活動のスケールの大きさを雄弁に物語る地形である。この広大な火山性台地は、実に、数千km3もの玄武岩質溶岩流が何層にも積み重なってできた。実際に溶岩が噴出している様子を目撃した人はいないが、それは幸運以外の何ものでもない。この巨大火成岩岩石区での溶岩の噴出が、生物の大量絶滅や炭素循環の大変動を引き起こしたのではないか、と考えられているからだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度