News Feature

パーキンソン病の新治療法を科学が阻害する!?

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2011.111222

原文:Nature (2011-08-11) | doi: 10.1038/476142a | Experimental therapies for Parkinson's disease: Why fake it?

Alla Katsnelson

脳の「偽手術」は、二重盲検法とともに科学の正当な手法と見なされている。しかし、こうした方法論自体が、パーキンソン病の有望な治療法をつぶしてしまう危険性をはらんでいる。

拡大する

E. ANTHONY JOHNSON/ALAMY

Peggy Willocksは44歳のときにパーキンソン病と診断された。病気の進行は速く、4年後には米国テネシー州エリザベストンの小学校長の職を辞めざるを得なくなった。その後ほどなく彼女の症状は悪化し、1人で身支度や食事、歯磨きや入浴をするのが難しくなり、部屋の中を人の手を借りずに歩くこともほとんどできなくなった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度