News in Japan

ノーベル化学賞は準結晶に

Nature ダイジェスト Vol. 8 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2011.111204

松尾義之(科学ジャーナリスト)

四半世紀前まで、X線結晶回折において、5回対称パターンは「存在しえないもの」とされてきた。その常識を覆した発見に、今年のノーベル化学賞が贈られる。

2011年のノーベル化学賞は、1982年に準結晶を発見したテクニオン・イスラエル工科大学(ハイファ)のDan Shechtmanに贈られる。準結晶とは、古典結晶学が規定したような厳密完全な周期性は持たないものの、それに匹敵する長距離秩序を持った構造のことだ。この発見により、19世紀に確立された結晶学は見直しを迫られ、1992年に国際結晶連合は、結晶の定義を「不連続な回折パターンを示す物質」という緩い定義に変更した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度