News in Focus

鳥インフルエンザ集団発生、過去最大規模に

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220907

原文:Nature (2022-05-26) | doi: 10.1038/d41586-022-01338-2 | Why unprecedented bird flu outbreaks sweeping the world are concerning scientists

Brittney J. Miller

野鳥の集団感染は、この感染症に弱い種に深刻な影響を与える上、封じ込めが難しい。

鳥インフルエンザで大量死している野鳥の1つにツルがいる。 | 拡大する

JALAA MAREY/Contributor/AFP/Getty

最近、欧州、アジア、アフリカ、北米で、感染力の強い高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染が、何千万羽もの家禽(かきん)類に広がっている。科学者たちがとりわけ危機感を募らせているのは、家禽だけでなく、野鳥の間でも前例のない規模で感染拡大が起きていることである。野鳥の集団感染は、この感染症に弱い種に深刻な影響を与えるだけではない。封じ込めが難しく、感染がヒトにまで波及するリスクが高まる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度