News & Views

運動によって産生される分子が空腹感を失わせる

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220946

原文:Nature (2022-06-23) | doi: 10.1038/d41586-022-01321-x | Exercise molecule burns away hunger

Tahnbee Kim & Scott M. Sternson

Lac-Pheと呼ばれる代謝物は、運動によって誘導される「筋肉の灼熱感」に関連している。この分子が、マウス・競走馬・ヒトにおいて運動後の食物摂取量を減少させ、肥満マウスでは体重減少を引き起こすことが分かった。

Lac-Pheが食欲を抑制する
Liと何ら1は、マウスにおいて運動中に血中に放出されるLac-Pheが、食欲抑制、脂肪量減少、体重減少に関与していることを示した。このLac-Pheシグナル伝達がヒトでも同様に機能するならば、より効果のある体重管理ができるかもしれない。ただし、肥満の改善には、今回の成果だけでなく、多面的な戦略が必要である。 | 拡大する

nd3000/iStock/Getty

長時間の運動はエネルギー消費を増加させるが、失われたエネルギーがその後の食物摂取によって補充されなければ、体重減少を促進できる。このほどスタンフォード大学(米国カリフォルニア州)のVeronica L. Liとベイラー医科大学(米国テキサス州ヒューストン)の何洋(Yang He)ら1は、マウスにおいて運動中に血中に放出される代謝産物(代謝物分子)が、その後の食欲を抑制することを見いだし、Nature 2022年6月23日号785ページで報告している。この成果は、運動による生理学的な結果をより深く理解するための道を開く。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度