Feature

貧困を減らす方法を求めて

科学者たちは、不平等や貧困への対策の効果を無作為化比較試験で検証してきた。その知見は、これらの問題に取り組む政府や支援機関の研究方法や実践方法を変えつつある。

拡大する

Andrea Borgarello for World Bank

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220920

原文:Nature (2022-06-23) | doi: 10.1038/d41586-022-01679-y | How to reduce dire poverty?

Jeff Tollefson

2012年、ニジェール政府は最貧困層の市民の一部を対象として無条件の現金給付プログラムを開始した。以後数年間、この試みに参加した約10万世帯は24回にわたって毎月約16ドル(約2200円)の現金を受け取った。これにより、対象世帯の典型的な購買力は2倍以上となった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度