News in Focus

単細胞で1cm! 既知最大の細菌は構造も複雑

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220917

原文:Nature (2022-06-23) | doi: 10.1038/d41586-022-01757-1 | Largest bacterium ever found is surprisingly complex

Katharine Sanderson

単細胞生物なのにセンチメートル級の細菌が見つかった。この細菌に「微生物」という用語は不適切だろう。

糸状細菌チオマルガリータ・マグニフィカ(Thiomargarita magnifica)の細胞は、内部構造が通常の細菌よりも複雑であった。 | 拡大する

Olivier Gros/Lawrence Berkeley National Laboratory

カリブ海に浮かぶある島のマングローブ林で、沈んだ腐りかけの葉に紛れて、糸状の驚くべき生物が見つかった。この単細胞生物は長さ1cmにもなり、既知最大とされていた細菌の50倍もある。チオマルガリータ・マグニフィカ(Thiomargarita magnifica)と命名されたこの細菌は、硫黄を酸化することによって生息している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度