News in Focus

データを共有すると言いながら共有していない研究者たち

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220916

原文:Nature (2022-06-21) | doi: 10.1038/d41586-022-01692-1 | Many researchers say they’ll share data — but don’t

Clare Watson

論文上でデータ共有の意思を示しながら、実際には共有しない研究者は多い。その理由として、データ共有に関するインフォームド・コンセントや倫理的承認を得ていないことや、データの紛失などが挙げられている。

多くの学術誌は、論文の基礎となるデータの共有可否について論文に明記するよう研究者に要請している。 | 拡大する

Getty

学術誌に掲載された論文の「データ利用可能性ステートメント」(data availability statement;DAS)において、論文の基礎となるデータを共有する意思を示している生物医学研究者と健康科学研究者のほとんどが、実際にはデータへのアクセス要求に応答していなかったり、要求されたデータを渡していなかったりすることが、ある研究により明らかになった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度