News in Focus

アマゾンの密林が隠していた古代都市遺跡を発見

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220912

原文:Nature (2022-05-25) | doi: 10.1038/d41586-022-01458-9 | ‘Mind blowing’ ancient settlements uncovered in the Amazon

Freda Kreier

考古学の定説に反して、アマゾン川流域で初めて都市中心部の遺跡が発見された。

Prümersらは、ボリビアのリャノス・デ・モホス周辺のアマゾン川流域を調査し、森林に覆われたマウンド(盛り土)が古代の都市中心部であることを明らかにした。 | 拡大する

Erlantz Pérez Rodríguez/iStock/Getty

アマゾン川流域南西部には、謎のマウンド(人工的に土を盛り上げたもの)が点在する。これらは古代都市の集落の跡であることが、Nature 5月26日号で報告された1。リモートセンシング技術を使って上空から地形を観察したところ、この地域に人口密度の高い都市中心部が建設されていて、小さい集落に接続するようになっていたことが分かったのだ。建設されたのは約1500年前と考えられ、特に大きな集落は周囲を堤で囲まれていて、中心には土でできた高さ22mのピラミッドがあり、長さ数kmの真っすぐな堤道が何本も放射状に延びていた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度