News & Views

引き伸ばされた皮膚細胞はDNAを複製せずに分裂する

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220846

原文:Nature (2022-05-05) | doi: 10.1038/d41586-022-00790-4 | Stretched skin cells divide without DNA replication

Aki Stubb & Sara A. Wickström

ゼブラフィッシュ幼生の解析によって、皮膚の上皮細胞がDNAを複製せずに、張力に駆動されて分裂することが明らかになった。これによって細胞は急速に拡大し、急成長する体を覆うことができる。

ゼブラフィッシュ(成体)。 | 拡大する

weisschr/iStock/Getty

我々の体や器官は、外側を上皮組織が覆っており、これが物理的および生化学的な障壁(バリア)となって保護されている。このバリア機能が不可欠であることを考えると、器官や体のサイズの動的変化に、上皮組織が構造的な完全性を損なわずに迅速に適応できることが重要である。このほど中央研究院(台湾台北)および国立中興大学(台湾台中)の陳潔盈(Keat Ying Chan)ら1は、ゼブラフィッシュ幼生の皮膚の表層上皮細胞(SEC)の集団が、個体の成長に応答するために、ゲノムを複製せずに細胞分裂を起こすという、通常とは異なる機構を用いていることを明らかにし、Nature 2022年5月5日号119ページで報告している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度