Feature

「エビデンスに基づく教育」で遅れを取り戻す

SARS-CoV-2による新型コロナウイルス感染症の世界的大流行は史上最大の教育崩壊を引き起こした。しかし、子どもたちが遅れを取り戻すのを助けるための効果的な方法が、研究により明らかになっている。

拡大する

SAQIB MAJEED/SOPA IMAGES/LIGHTROCKET/GETTY

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220826

原文:Nature (2022-05-26) | doi: 10.1038/d41586-022-01387-7 | COVID derailed learning for 1.6 billion students. Here’s how schools can help them catch up

Helen Pearson

オーストラリアのメルボルンは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策のためのロックダウンの累計日数が世界最長となった街である。メルボルン郊外にあるアッシュウッド・ハイスクールも、約7カ月にわたって断続的に休校になっていた。ロックダウンが解除された2021年10月、同校の教師だったMeg Brydonは、生徒たちがコロナ禍によって受けた打撃の大きさを目の当たりにすることになった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度