Feature

尿のリサイクルが世界を救う

下水から尿を分離することで、難しい環境問題のいくつかが緩和され、持続可能な形で肥料を供給することができると期待されている。しかし、生活の最も基本的な側面の1つを根本的に作り替えるには大きな障害がある。

拡大する

MAK/GEORG MAYER/EOOS NEXT

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220429

原文:Nature (2022-02-10) | doi: 10.1038/d41586-022-00338-6 | The urine revolution: how recycling pee could help to save the world

Chelsea Wald

スウェーデン最大の島であるゴットランド島の島民たちは、真水の少なさと闘ってきた。その一方で、農業や下水システムから排出される危険な量の汚染物質によって、島を囲むバルト海に有害な藻類ブルーム(水の華)が発生するという問題も突き付けられている。藻類ブルームが発生すると、魚が死んだり、人が病気になったりすることがある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度