News & Views

がんの進化につながる、非遺伝的だが受け継がれる経路

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220449

原文:Nature (2022-01-06) | doi: 10.1038/d41586-021-03606-z | A heritable, non-genetic road to cancer evolution

Tamara Prieto & Dan A. Landau

白血病の治療は成功しないことがあるが、その原因は完全には明らかになっていない。この種のがんの個々の細胞の細胞系譜追跡を行うことで、この現象を調べる方法が得られた。

治療抵抗性をもたらす変異が子孫細胞に受け継がれる機構には、非遺伝的な経路もある。 | 拡大する

Science Photo Library - STEVE GSCHMEISSNER./Brand X Pictures/Getty

腫瘍において進化している細胞集団は複雑な動態を示し、その複雑さは治療の成功を阻む障害になっている。このほどピーター・マッカラムがんセンターおよびメルボルン大学(オーストラリア)のKatie A. Fennellら1は、がんが、より侵攻性で治療抵抗性に進化する能力の基盤となる機構の一部を突き止め、それを示すデータをNature 2022年1月6日号125ページで報告している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度