News & Views

3剤のトリプルパンチで胃がんを治療

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220345

原文:Nature (2021-12-23) | doi: 10.1038/d41586-021-03458-7 | Stomach cancer gets a triple punch of therapy

Myriam Chalabi

腫瘍を標的とする治療で免疫細胞を利用することが増えてきている。このほど、このような免疫療法と他の標準療法を併用した治療法の臨床試験が胃がんを対象に行われ、その結果は有望なものであった。がんの治療法は変化しており、今後も変化がさらに続くと考えられる。

抗体(青)で標識されたがん細胞を認識するNK細胞(水色)のイメージ図。トラスツズマブ(商品名ハーセプチン)は、がん細胞表面に発現するHER2タンパク質に特異的に結合するモノクローナル抗体だ。トラスツズマブはHER2に結合してがん細胞の増殖シグナルを減弱させるだけでなく、そのFc領域にはNK細胞や単球を動員する作用がある。こうした作用は、抗体依存性細胞障害作用(ADCC)と呼ばれる。 | 拡大する

Marcin Klapczynski/iStock/Getty Images Plus/Getty

胃がんは侵攻性が非常に高い。このほどスローン・ケタリング記念がんセンターおよびワイルコーネル医科大学(共に米国ニューヨーク)のY Y Janjigianら1は、こうした侵攻性タイプの腫瘍の人の転帰を改善する方法を示した臨床データを、Nature 2021年12月23/30日号727ページで報告している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度