Advances

氷河のささやき

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220323a

人間には聞こえない超低周波音で氷河崩壊を検出・監視。

拡大する

MICHAL BALADA/ISTOCK/GETTY

2017年、スイスアルプスのアイガーで氷河が崩壊し、小型飛行船ほどの大きさの氷の塊が崩れ落ちた。その際に生じたとどろきの一部は、周波数が低過ぎて人間の耳には聞こえなかった。だが、それらの振動は氷河崩壊の極めて重要な特徴を割り出すためのカギを握っている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度