Feature

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡、宇宙へ

次世代宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ」が、初期宇宙の解明を目指し、ついに宇宙へ旅立った!

拡大する

NASA/CHRIS GUNN

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220226

原文:Nature (2021-12-09) | doi: 10.1038/d41586-021-03620-1 | The $11-billion Webb telescope aims to probe the early Universe

Alexandra Witze

これまでに建造された宇宙望遠鏡の中で、最も野心的で複雑なものを天文学者たちが計画し始めたとき、Lisa Dangはまだ生まれてもいなかった。それから約30年後の2021年12月、米航空宇宙局(NASA)のジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(James Webb Space Telescope;JWST)は、ついに宇宙に旅立った。Dangは、この望遠鏡による最初の観測時間の一部を獲得し、望遠鏡が設計された当時にはまだ存在していなかった研究分野のデータを収集しようとしている(2011年1月号「次世代宇宙望遠鏡JWSTへの期待と現実」参照)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度