News in Focus

なりすましのゲスト編集者が、論文の不正な出版を手引き

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 2 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220205

原文:Nature (2021-11-08) | doi: 10.1038/d41586-021-03035-y | Scammers impersonate guest editors to get sham papers published

Holly Else

ゲスト編集者になりすました何者かが、「特集号」のシステムを悪用して論文を大量に出版していた。この不正行為が複数の学術誌で確認され、数百本の論文が撤回される事態になっている。

研究者になりすました何者かが、評判の良い学術誌の出版プロセスに入り込み、特集号を出版していた。 | 拡大する

PinkBadger/iStock/Getty Images Plus/Getty

権威ある査読付き学術誌の特集号の出版プロセスを悪用して質の悪い論文を掲載させる不正行為が発生し、数百本の論文が撤回されている。実在の科学者になりすました人物が特集号のゲスト編集者を引き受けると申し出て、不正な論文を大量に掲載させるケースもあった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度