News in Focus

米国立点火施設は2021年8月の核融合実験を再現できず

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2022.221122

原文:Nature (2022-07-22) | doi: 10.1038/d41586-022-02022-1 | Exclusive: Laser-fusion facility heads back to the drawing board

Jeff Tollefson

米国のレーザー核融合実験施設「国立点火施設」は、発生エネルギーの新記録を達成した2021年8月の実験を再現することができず、実験を次の段階に進めることを決めた。

国立点火施設(NIF)の標的室の内部。標的室は直径10mの球形で、その中心に水素の同位体が入った1cmほどの標的が設置される。2009年5月撮影。 | 拡大する

Bloomberg/Contributor/Bloomberg/Getty

世界最大のレーザー核融合実験施設「国立点火施設」(NIF;米国カリフォルニア州リバモア)は、発生エネルギーの飛躍的な新記録を達成した2021年8月の実験の再現を試みていたが、再現はできず、2022年、実験を次の段階に進めることを決めていたことが分かった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度