News in Focus

AIによる二酸化炭素排出量を小さくする

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2022.221020

原文:Nature (2022-07-19) | doi: 10.1038/d41586-022-01983-7 | How to shrink AI’s ballooning carbon footprint

Elizabeth Gibney

AIの訓練に伴う二酸化炭素排出量データが算出された。このデータは環境コストの削減に役立つと期待される。

AIを訓練する際に利用するクラウドコンピューティングデータセンターの二酸化炭素排出量は、その所在地によって大きく異なることが分かった。 | 拡大する

Feature China/Future Publishing/Getty

機械学習実験が高度化するにつれ、そのカーボンフットプリント(商品やサービスのライフサイクルを通じた二酸化炭素排出量)は急激に大きくなっている。アレンAI研究所(米国ワシントン州シアトル)の機械学習研究者であるJesse Dodgeらは今回、世界各地のクラウドコンピューティングデータセンターで各種AIモデルを訓練したときのカーボンコストを計算した。今回の研究で得られた知見は、研究者がAIを利用して研究を行う際に、二酸化炭素排出量を削減するのに役立つ可能性がある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度