News & Views

長寿命の卵細胞の自己防衛戦略

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2022.221036

原文:Nature (2022-07-28) | doi: 10.1038/d41586-022-01642-x | Eggs remodel energy production to protect themselves from harm

Deepak Adhikari & John Carroll

卵細胞は、次世代を不都合な変異がなく健康な状態に保つために、有害な影響が及ばないようにする必要がある。今回、卵母細胞が、有害な活性酸素種による損傷を回避する機構が発見された。

卵巣内の初期段階の卵母細胞
ヒトをはじめ哺乳類の雌は、卵母細胞が前顆粒膜細胞に囲まれた原始卵胞という、休眠した未成熟な卵を抱えて生まれてくる。母体が性成熟すると、原始卵胞は徐々に活性化し、いくつかの段階を経て成熟した卵胞となり排卵に至る。卵巣の中では、全ての卵胞が同調しているわけではなく、さまざまな発育段階の卵胞が混在している。図の左に位置する円形のものが原始卵胞、真ん中の少し大きい3つは原始卵胞が発育した一次卵胞、右の大きな卵胞腔(白い部分)を持つものが排卵前の成熟した卵胞(グラーフ卵胞)。 | 拡大する

Ed Reschke/Stone/Getty

哺乳類の雌は、限られた数の未成熟卵を備えた状態で生まれるという、リスクの高い進化戦略をとっているようだ。これらの卵は、健康な子を産み続けられるように、個体の生殖寿命が尽きるまで、つまりヒトの場合は40年以上、有害な影響を回避できなければならない。このほどゲノム制御センター(スペイン・バルセロナ)のAida Rodríguez-Nuevoら1は、どのようにして卵母細胞が長い間安全に保たれているのかを説明し得る適応を見いだし、さらにこの適応が卵母細胞のエネルギー産生の仕組みに関連していることを明らかにして、Nature 2022年7月28日号756ページで報告している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度