Feature

タンパク質を本来の場所で観察する

クライオ電子線トモグラフィーなどの最新の顕微鏡法によって、細胞の内部を、本来の密集した状態のまま可視化することが可能になった。

拡大する

S. ALBERT ET AL./PNAS (CC BY 4.0)

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220117

原文:Nature (2021-10-28) | doi: 10.1038/d41586-021-02904-w | The secret lives of cells — as never seen before

Diana Kwon

2017年の数週間、ベルン大学(スイス)の生化学者であるWanda Kukulskiは、細胞の内部を撮影した珍しい動画を夢中で見ていた。動画はクライオ電子線トモグラフィー(以下、クライオET)という手法を使って制作されたもので、研究者はこれにより細胞の中にあるタンパク質を高解像度で見ることが可能になった。動画では、細胞内の活動や区画など、あらゆる種類の印象的なものが、これまでにない詳細さで描き出されていた。Kukulskiは、「その美しさと複雑さに衝撃を受け、夜になるとドキュメンタリー番組を見るように、ひたすら動画を見ていました」と振り返る。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度