News in Focus

実験室で作製されるヒト胚、14日ルールを緩和へ

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210912

原文:Nature (2021-05-26) | doi: 10.1038/d41586-021-01423-y | Limit on lab-grown human embryos dropped by stem-cell body

Nidhi Subbaraman

国際幹細胞学会(ISSCR)は2021年5月、最新の研究ガイドラインで 影響力の強い14日ルールを緩和することを発表した。

実験室で数週間にわたってヒト胚を成長させることが、科学の進歩により可能になった。 | 拡大する

Jim Dyson/Getty Images

実験室でヒト胚を成長させられる期間については数十年前に制限が設けられたが、幹細胞研究者を代表する国際機関がこのほど、その制限を撤廃した。これにより、ヒトの発生と病気を研究する科学者たちに、より長い時間的余裕が与えられることになった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度