News & Views

付け加えがちな私たち

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210738

原文:Nature (2021-04-08) | doi: 10.1038/d41586-021-00592-0 | Adding is favoured over subtracting in problem solving

Tom Meyvis & Heeyoung Yoon

問題解決に関する心理学実験で、人々は、物、考え、状況などから要素を取り除く方が効率的であるときでも、要素を付け加える解決法を考える場合が多いことが分かった。

拡大する

LeventKonuk/iStock Editorial/Getty

ブロック玩具でできた建物を描いた図1を見てほしい。屋根が基礎部分の1つの角にある1本の支柱で支えられていて、屋根の下には小さな人形が置かれている。人形をぺしゃんこにせずに、屋根の上に重いれんがを置くことができるようにこの建物を改造するとしたら、あなたならどうするだろうか。ただし、ブロックを1個加えると10セントの費用がかかる。あなたの考えが、バージニア大学(米国シャーロッツビル)のGabrielle S. AdamsらがNature 2021年4月8日号258ページで報告した研究の被験者の大多数と同じであれば1、屋根をしっかり支えるために支柱を増やすだろう。しかし、もっと単純で費用のかからない解決法は、既にある支柱を取り除いて屋根を直に基礎部分の上に置くことだ。一連の同様の実験から、人々は常に、要素を取り除く変更よりも要素を加える変更を考える場合が多いことをAdamsらは見いだした。これは、日々の意志決定に広い意味を持つ、人間の傾向といえる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度