News in Focus

CRISPRを利用した遺伝子治療でマウスの疼痛を緩和

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210606

原文:Nature (2021-03-12) | doi: 10.1038/d41586-021-00644-5 | CRISPR-based gene therapy dampens pain in mice

Ariana Remmel

まだマウスでの研究段階だが、オピオイド系鎮痛薬を使わずに慢性疼痛を治療できるようになるかもしれない。

疼痛信号は、脊髄やその上位の神経を介して脳へと伝わる。 | 拡大する

BSIP/Universal Images Group/Getty

CRISPRを利用した遺伝子抑制技術によって、マウスの疼痛を緩和できるという報告が、2021年3月10日にScience Translational Medicine に掲載された1。この治療法がヒトで使用できるようになるのはまだ遠い先のこととはいえ、科学者たちは、慢性疼痛を抑えるための有望な方法だと言う。慢性疼痛は、数年にわたって続くこともあり、その治療には通常、モルヒネなどのオピオイドが用いられるが、オピオイドは嗜癖につながることがある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度