News & Views

鳥の渡りの謎が解き明かされた

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210638

原文:Nature (2021-03-11) | doi: 10.1038/d41586-021-00510-4 | A bird’s migration decoded

Simeon Lisovski & Miriam Liedvogel

技術が進歩し、過去から現代に至るハヤブサの渡りルートの形成に、気候と遺伝子の変化が及ぼした影響を研究する新たな方法が得られた。これは、渡りが将来どうなるのかを予測するのに役立つのだろうか。

デナリ国立公園(米国アラスカ州)を渡るカナダヅルの群れ。 | 拡大する

George D. Lepp/Corbis Documentary/Getty

渡りは動物界に広く見られる特徴だが、それが最も網羅的に研究されているのはおそらく鳥類だろう。このほど、ハヤブサ(Falco peregrinus)の渡りの進化を促進したと考えられる要因に関して、中国科学院(北京)のZhongru Guらが、Nature 2021年3月11日号の259ページに種々の知見を示している1。ハヤブサの特徴でおそらく最もよく知られているのは、その記録破りの飛行速度であり、獲物を捕まえるときの急降下では時速320kmを超える。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度