News & Views

質量90ミリグラムの重力場を検出

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210632

原文:Nature (2021-03-11) | doi: 10.1038/d41586-021-00591-1 | Ultra-weak gravitational field detected

Christian Rothleitner

ニュートンの重力の法則は、2つの質量が約90mgと小さくても成り立っていることが実験で分かった。量子力学的な領域に入るほど弱い重力場の測定に一歩近づいた。

英国の科学者ヘンリー・キャベンディッシュが1798年に重力定数を決定するために用いたねじりばかりの48分の1の模型。 | 拡大する

SSPL/Getty Images

物理学では4種類の基本的な力があることが分かっている。弱い相互作用、強い相互作用、電磁気力、重力だ。重力は、この4つの中で最も弱い。このため、また、地球の重力を遮って実験を行うことはできないため、試験物体の重力場を実験室で測定することは、数kgの質量を持つ物体であっても難しい。オーストリア科学アカデミー量子光学・量子情報学研究所(IQOQI;ウィーン)のTobias Westphalらは今回、約90mgしかない2つの質量間の重力結合を検出し、Nature 2021年3月11日号225ページで報告した1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度