News in Focus

培養皿で育てたミニ涙腺が泣いた

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210610

原文:Nature (2021-03-16) | doi: 10.1038/d41586-021-00681-0 | Scientists grew tiny tear glands in a dish — then made them cry

Heidi Ledford

涙を分泌する細胞からオルガノイド(ミニ臓器)が作られた。目の病気の研究だけでなく、おそらく治療にも利用できると期待される。

涙腺オルガノイドが涙に似た液体(赤色)を分泌している。 | 拡大する

POST/HUBRECHT INSTITUTE

細胞を泣かすのに、最初は1日近くかかっていた。しかし経験を積むにつれ、研究者たちは少しの刺激を与えることでわずか30分ほどで細胞を泣かすことができるようになった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度