News in Focus

インサイトが測定した火星のコアは意外に大きかった

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210603

原文:Nature (2021-03-17) | doi: 10.1038/d41586-021-00696-7 | Mars’s core has been measured — and it's surprisingly large

Alexandra Witze

地球と月に続き、火星のコアの大きさが推定された。

2019年3月、地震計の設置を終えたインサイトが撮影した自撮り写真。全体にうっすらと塵が積もっている。 | 拡大する

NASA/JPL-CALTECH

科学者が初めて火星の中心部をのぞき込んだ。火星の深部を見るためにその地表に降り立ったNASAの探査機「インサイト(InSight)」は、火星内部の地震エネルギーの伝わり方に耳を澄ますことで、コア(核)の大きさを明らかにした(2020年3月号「火星の地震から見えてきた地質活動」参照)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度